電車で隣に座ってた男の子がゲームしてたの。

小6くらいかな。


PSPで、街を自由に動きまわるタイプのゲーム。
私が知ってるのだとデッドライジングみたいな感じ?

リアルに描かれた世界を、リアルな形の人間が生活をしているゲーム。


PSPでこんな自由度の高いゲームあるんだぁ〜おもしろそ〜

って、なんとなく覗いちゃったんだけど

よく見たら、
彼が動かしてる男の人の手には銃が握られてて

無造作に道を歩いてる普通の人を至近距離からぱすぱす撃って殺しちゃったの。

倒れるときに少しだけど血も出た。



びっくりした。


このゲームはたぶん18禁とかだよね。


...でもこうやって子どもの手に届くんだ...


ショックだった。


普通の男の子。

まだ幼い歳。

この歳に受けた記憶や感覚、考え、思考の影響力って強いんじゃないかなと思う。

もし影響がなくても、嫌だ。なんだか嫌だなって思った。



私もゲームは好き。
18禁ゲームは、どっちも好き(笑)
彼がやっていたゲームもきっと好き。

でも、やっぱり18禁は18禁なんだと思う。

...ゆる〜く考えても、せめて15禁くらいではあると思う。(コラ!私!18禁は18禁です!(__;))


ゲームは悪くない。

なくなって欲しくない。


でもこうやって子どもの手が届くのはおかしいと思う。

そんな環境がありえることが悲しい。

だれも禁止しないで、
与えられてしまった環境。


そんなことがありえる環境になってしまったなら、
いつか18禁ゲームってなくなってしまうと思う。


18禁なのに禁止になってないから。

漫画もそう。

与えたくないと思う人が大勢いて、
でも簡単に手が届いてしまうなら、
いっそなくしてしまえってなるんだな

ていうことがわかった。



それを防ぐのって
もちろん売り場をわけたり、年齢確認をしたりっていう対策もあると思うけど

身近な人の関心とかなんじゃないかなぁと思う。。

私は彼に何も言えなかったし、できなかったけど
ブログで想いを伝えることで

もしかしたら、

やり終わった18禁ゲームを小学生にあげるのを止められるかもしれないし
ネットで年齢確認なしで販売しちゃうのを止められるかもしれない。。
弟や妹や息子、娘のやっているゲームや持っているものに関心をもって調べてくれるかもしれない。


と思って書いてみた。

ひとりひとりが考えるっていうのも大切だと思うの。

そんな今日の出来事でした。