穏やかに穏やかに、
桜田家に侵食されていたようです

IMG_3657

普通に戻ると
なんだかひとりになったような不思議な寂しさを感じています。
とはいえ、みんなに会わなきゃ泣いちゃーう!むずむず!とかではなく笑
あー、楽しかったな。桜田家に、あの家に住む人たちに会いたいな、って気持ちです。

結構普段切り替えの早いタイプなので、珍しい。

仕事として舞台を一生続けるのだから、
芝居とは例え人殺しの役をやっていても、
家では良い母で居られるようなそんな向き合い方をしていたいと思っています。

稽古場に入った瞬間や劇場に入った瞬間からすべてを捧げ、
出た瞬間にカラダから役を抜くように心がけて…

だけど、稽古以外の場所でも共演する俳優に対しては
プライベートを見せすぎないように気をつけようって思ってはいたりして…

現場にいる間、役のために培う関係性があるから
普段の私が受け入れられるよりも
役が受け入れられるように自分自身はあまり出さない
ってことが私の中で自然とルール化していたやり方でした。

しかし結果、、何故か桜田家は気づいたらプライベートに侵食してきてました。

良くみんなで一緒にいたし、
みんなとの関係性は家族だったし、
役自体をとってもフラットに相手ありきな状態だけで作っていったから
普段の関係の中でもとてもみんなのことを大切に思っていたようです
みんな本当にとっても家族でした

いまこの瞬間を大切に出来る
とても思い遣りのあるチームだった気がします。

ただ、いままで出逢ってきたカンパニーで1番 気が狂ってるメンバーでもありました。


さすがな俳優たちです。
この人たち、俳優以外では生きていけない、社会不適合者たちです笑
だから、舞台の上ではまるで隣に住む人のようなリアルなのにちょっとクセがある人を演れちゃうのかしらね。

IMG_3612

普段がこんなに楽しいのなかなかないなぁ…

朝イチで お腹痛くなるくらい笑っていたし
毎公演 美味しいおそーめんを出すことに神経使うのが嫌じゃなかったし

楽しかったみたい。
ありがとう。

IMG_3658
とーるは
よく喋り、知らないことは多くて、妙なことには詳しくて、面白くて、良く歌い、真面目で、素直で、チャーミングで、かわいいと言うと かわいいってのはちょっと違うんすよねーと不服そうで、
3年前の 不滅の恋人から まっすぐさはなにも変わらずに、自分との向き合い方や俳優としての幅はうんと広がっていて、沢山沢山努力と経験を積んできたのだなぁと感じました。
たくさんのお客様にも出逢い愛されていて嬉しい。もっともっと愛されてほしい。
家族とどんなに遊んだ後も、リュウジは家族に馴染んで始められない役だからしんどかっただろうなぁ。
これからもどんどん良い俳優になっていってね。

IMG_3659
IMG_3593
ひなちゃんは、2度目の共演。
あんまり掴めない人だけど、シャイだし本当は素直ですぐ笑うし意外と不器用だし力加減が変。でも、特別な能力者。
ひなちゃんが今回めちゃくちゃ幸せそうで、
役としてもみんなといる間もみんなを大好きなことがなんだかとっても嬉しかった。

達観していてみんなの良くないところもわかっていてだけどみんなが好きでこの場所にいる ハルキさん は桜田家のバランスをうまく調整してくれているんだと思う。ちょっと寂しさもあるんじゃないかなぁなんて思ったりもしたんだ。

IMG_3661

かおるさん。えーと、、、4度目の共演かな?
とうとう裸の付き合いになりました。
IMG_3431
お風呂入った。

ず〜と年齢不詳で存在がキャラクターと感じてましたが、
改めて役で関わっていくと、
抜群の安定感の中にも日々小さな変化があって
女2人特別な距離感空気感が楽しかったな。

本人もリコさんもかわいい人。
厄介なおばちゃんにもなったり、少女のようにみえたり、しっかりしてたり、すごく失敗したり、振り幅のある人間味が愛おしい。
この人のおかげで桜田家の結束が生まれていたと思う。あと、アルバムの記録の大半がかおるさんが残してくれてるやつ。大切。
IMG_3673
IMG_3663

しょーくん。
歩くエンターテイメント。魅せるチカラがみなぎってる。
好き勝手にやっても評価されるし魅力溢れると思うし、いちばん得意なジャンルとはまた違うジャンルなんじゃないかなと思うのだけど、スプリングマンの大切にしていることに対してとても誠実に向き合ってくれているのが素敵だなと思いました。

IMG_3630
衣装写真をタイマーで撮ってたら楽屋の奥から走ってきて写り込んできたしょーくん。肌着なのに。
晒してやるー。
紳士な声に綺麗な見た目でひょうきんな性格のギャップがずるいよね。
IMG_3699
IMG_3665

うらおくん。
打ち上げで、 僕めちゃくちゃさかいさんの芝居見てたし、そこそこ追っかけてたし、なんなら何回も挨拶したし、まぢ全く覚えられてなかったし、6年かかったんすけど。と言われ、、ゴメン。アリガトウ。
4月末に辞めた尾木プロTHE NEXTの後輩でしたが、ほとんど交流はなく、初共演。
陽のエンターテイナーがしょーくんなら、陰のエンターテイナーうらおし。
声優になってよかったよう。天職だよう。芝居に真面目だし発想も自由。良い声とユニークな脳みそでオリジナリティあふれる俳優として声優として活躍していく姿がみたい。
初スプリングマン参加と思えない、馴染み力。

IMG_3487
稽古中はたまに卓球相手してくれたり、
グチグチいいつつ付き合ってくれるタイプでついついからみたくなる存在でした。
ありがとー
IMG_3668

IMG_3660

こーちゃん。
こーちゃんもかわいい。コミュニケーション力がめちゃくちゃ高いけど、たまに見える照屋だったり気い使いだったり緊張だったりがとっても愛おしい。でも、最高にチャラい切り返しも最高に楽しい。
我らおねーさん2人をオンナノコ扱いしてくれる遊びにこの歳になってキャハハとなってました。
IMG_3671
ちょっと胸元空き過ぎよ、と思う、私でした。
芝居中のナチュラルな状態と垣間見える色気がとっても素敵。ビールはモノホン。

IMG_3677
IMG_3675
我が家の家長

しゅんちゃんだからこそ この物語は奇跡めいたんだと思います。
みんなに対する想い、作品への向き合い方、みんなからしゅんちゃんに対する信頼、
優しくて優しくていちばんこわい人。

ちゃんと家長なのです。

はじめから なんとなくふたりだけの瞬間の顔 が自然とうまれたので、夫婦として不安を抱くことなく稽古していけました。
ただただ寄り添うだけ。
だけどその中にたくさんの時間の記憶があるようで
会話するのは安心出来たし、楽しかった。

特に役についてや芝居について話し合うこともなく
むしろ話自体たいしてしていないと思うのだけど

大切なものを共有できて、
ちゃんと愛してもらえたのなら、
ちゃんと チエとして生きられたのだと
嬉しく有り難く思います。

IMG_3631

少し脱線します。

1月の主演舞台はとにかく強い役でした。
普段やる芝居では、自分の想いの強さや信じるチカラを武器に世界に影響を与えたくて言葉を発していることが多いです。

チエちゃんで知った方には意外かもですが、
私、テロリストとか犯罪者とかの役を好むし、得意としています。


だけど、強い発言を強さだけではなく、
弱さを元にまわりを受けて作っていきたい気持ちになったのが
今思えば今年の上半期のテーマだったのかもしれません。


3月に藤波さん(しゅんちゃん)演出で2人芝居をやり、
そこでもらった言葉たちや芝居の仕方や考えかたは
私の新しい武器になりました。
だから、この人と一緒に芝居するときは、この人が1番やりやすい相手になれたら嬉しいなと思いました。
それが一番、その思考を理解したことになると思うから…

6月の初演出で、
作品全体のための役者の役割を冷静に客観的に見て感じたこと。
自分が良くなる芝居よりも、
人を良くする芝居が、結果、どちらも評価を得て、作品を書かれている以上のものにする唯一の方法だと実感。

だけど、これは現場によっては、難しい…
みんながみんなそう思って芝居するわけじゃないし、
そうしたいと思っていても技量が足りないこともある、
力技で魅せるシーンが必要なこともあるし、
渡しても受けない意思の相手もいるし、
ほとんどの現場で作品を成立させるために、無理くりでも受けて自力で頑張るしかなくなることは良くある。
くれなくても受けられる能力は癖づくし、快感にもなる。

だけど、やっぱり欲深くて、もっと良くなる方法を知ったらそうやって作られた作品を体感したくなるもので。
そして、今回、私の役は、何も頑張る必要のない役。あげるだけの役で、みんなのためになればそれだけで良いポジション。

わたしが良かった、と言われることのない役。

今までにないやり甲斐がありました。
結果ね、本当に、多分、見てくださったかたの中で、すごいとかきらいとかの感情に触れることはなかったと思う。
感想も、良い妻でした、というありがたい感想でした。

でも、嬉しかったのは、

俳優の先輩方や共演したみんなから、
人や空間への意識の仕方、繊細さが良い、と言ってもらえたこと。

よかった。
こうゆう役もやれるのね。


IMG_3279

あぁ、優しさの支配。

この芝居は、優しさと愛に包まれていて、
幸せと息苦しさが充満していて、

否定したら悪い気がしちゃうような空間で、
だけどなんかその幸せがむず痒くてイライラしたり痛みに触れたりなんかきらいだったりして、

だけど、ちょっとだけ受け入れちゃったとき、
なんだかわからないあったかい気持ちが込み上がってきたりして。
少し、すっきりしていたらいいな、と思います。


みんな綺麗な部分ばかりじゃないし、
大家族なんて、もうむしろ 今の私たちにはファンタジーで、
現実はなんとかうまくやっていくこともできてなかったりして、

だけどその場所に本当に生きている家族達を見て
心動いてしまったあなたの人生が
少しだけ
優しさに毒されて
人を愛したくなって仕舞えばいい。


実は、穏やかに穏やかに桜田家はあなたに侵食してきます。


ご来場、誠にありがとうございました。
またどこかでお会いできますように。



最後に写真たくさん載せます〜!

IMG_2764
IMG_2781
IMG_2927
IMG_2932
IMG_3166
IMG_3164
IMG_3356
さかいかな official online salon -95- からのフラワースタンド!
とっても素敵。このスタンドの形が好き。
ありがとうございます🌺

IMG_3359
IMG_3389
差し入れ、プレゼントもありがとう。
IMG_3540
IMG_3712
IMG_3501
IMG_3479
IMG_3480
FullSizeRender

IMG_3470
8月に出演する Gahornz 主催 朝川さんと 今年3度目の共演になる 鈴ちゃんが観に来てくれました。
ありがとう。
8月よろしくお願いします!

IMG_3708
IMG_3707
IMG_3706
IMG_3705
みんなで 昼と夜の間に銭湯。
この日の夜公演はいつも以上になんだか本当にポカポカで、みんな良い体温で、舞台上も柔らかででも決して逃さない集中はあって、なんだか不思議な気持ちで楽しかったな。
IMG_3704
IMG_3703
スプリングマン常連むとゅるさんが来てくれた日に
不滅の恋人メンバーで撮影✨
IMG_3702
IMG_3701
IMG_3698
スプリングマン常連 我らがおにーちゃんなハーディが来てくれた日。癒し。
IMG_3493
IMG_3710
りょーこさんが来てくれました!!
ぎゃあ〜!ショートヘアー可愛すぎる。かわいい。
ついこないだ同じBONBONでご一緒していたから、なんだか不思議。嬉しかったぁ!!

IMG_3629
IMG_3571
衣装。
2日間だから着替えるけれど、
カーディガンの色は辛子色で揃えて。

家の仕事するから、髪はまとめたいけど、横1つ結びは落ちてきちゃうから
クルリンパでハーフアップにしてから、横むすびに。
IMG_3715
髪飾りもチエちゃんイメージで。

IMG_3523
IMG_3524
Tシャツデザイン素敵。お気に入り。


作品が信頼出来て、
キャストも大好きで、
スタッフも最高で、

とても、幸せです。

スプリングマン、
澁谷さん、
全ての皆様へ、
ありがとうございました…!

IMG_3599

またね。







次回出演舞台
IMG_3274
IMG_3275

Gahornz Act.9
初地方公演〜山梨〜
『笑えば』
Situation
「映画館」

【あらすじ】

『この映画館には『神様』がいるんだぞ』

閉館してから1年後、かつて地元の人間で賑わった映画館は、楽しむためなら何でもアリのイベント空間「シネマ楽園」として再び息を吹き返す。

『こけら落とし』のイベントのため、東京からきた勢いだけのプロデューサーと、トンチンカンな劇団主宰に振り回される、支配人と地元住民と、新進気鋭の地元女優。

-そんなとき、一人の男が現れた-

イベントを成功させるため、勢いとトンチンカンでドタバタしながら、家族愛とか兄弟愛とか、初恋とか神様?とかがなんやかんやあって、最後にはきっとあなたを笑顔にしてくれる、、、はず。

そんなお話です!

脚本
穂科エミ(はぶ談戯)

演出
三浦佑介(あサルとピストル)
Cast
朝川優(Gahornz)
安達健太郎
いしいそうたろう(ぴっかり高木といしいそうたろう)
さかいかな
月岡鈴
廣瀬響乃
吉田直紀
ルウト
(五十音順)

公演日程
8月   (開場/開演)
16日(金) 18:30/19:00
17日(土) 13:30/14:00
18:30/19:00
18日(日) 12:30/13:00
16:30/17:00
計5ステージ
※受付は開演の1時間前より開始いたします。

公演場所
kofu SPACE101

〒400-0032
山梨県甲府市中央1-3-7
甲府101ビル2F

アクセス
JR中央本線「甲府駅」から徒歩12分 
JR身延線「金手駅」から徒歩13分

チケット予約
https://www.quartet-online.net/ticket/act9

 
チケット料金(1drink代金込み)
前売り/当日
3.500円/4.000円

※当日キャンセルは受け付けておりません。キャンセルなされた場合、後日指定口座へ前売り代金をお振込いただきます。その際の振込み手数料はお客様のお負担となります。予めご了承ください。

協力
ニシオカ・ト・ニール(カミナリフラッシュバックス)
FRAC株式会社
ポケットステージ
(五十音順)

協賛
お花茶屋 Labo
広進グループ
BRAVE
森谷邸
(五十音順)

スタッフ
宣伝美術 加納和可子
撮影 Jun
撮影メイク 篠原
音響・照明 セレクトシステム
映像 中塚健仁

制作 朝川優
広進グループ
制作助手 新垣結花莉

企画・製作(Gahornz)